生き残りをかけた競争が繰り広げられる

芸能界では昔から多くの「子役」や「子役タレント」たちが活躍しており、大人になった現在でも芸能界では「元子役」や「元子役タレント」の方々が活躍しています。

基本的に「子役」や「子役タレント」の方々は、ドラマや映画、劇団、コマーシャル、雑誌モデル、バラエティー番組などのジャンルで活躍をしています。

「子役」と「子役タレント」の呼び方の違いなのですが、基本的には演技をこなしドラマや映画、劇団などで活躍している方の事を「子役」と呼び、演技以外のバラエティー番組などで活動を行っている方の事を「子役タレント」と呼ぶ場合が多いようです。

「子役」と呼ばれている方には高い演技力が求められており、実際に大人顔負けの演技力を見せつけ大人の方を驚かせるプロ意識の強い子役タレントの方々も多く存在しています。

数年前に巻き起こった子役ブームの影響を受けて、現在の芸能界は昔に比べますと圧倒的に「子役」や「子役タレント」の人数が増えてきているのが現状です。芸能界でもその僅かな子役枠を巡り、生き残りをかけた競争が繰り広げられているようです。

勝ち組になり、芸能界でプロ顔負けの素晴らしい活躍を見せている「子役」や「子役タレント」の方々も、仕事上では大人の方々と対等に仕事をこなしているかと思われますが、一般社会から見ればまだ未成年の幼い児童なのです。ですので、芸能界でお仕事をする上できちんと法律で定められた規則に従って仕事を行わなければなりません。

労働基準法上では使用者は、児童が義務教育終了前の満15歳に達した日以降最初の3月31日が終了するまでの使用を禁止すると定められています。

非工業的業種以外のものに関しては児童の健康及び福祉に有害ではなく、かつ、その労働が軽易なものについては行政官庁の許可を受けて、満13歳以上の児童の就業時間外の使用を認めるとされており、「子役」の仕事内容である演劇事業や映画制作などの場合においては、満13歳に満たない児童であっても同様に就業時間外の使用を認めると定められています。

また、18歳未満の児童には労働時間の制限が定められており、午後10時から午前5時までの間の就業は硬く禁じられています。ただし、厚生労働大臣に必要性があると認められた場合に限っては地域や期間の条件に基づき、午後11時から午前6時となる場合もあります。ですが、義務教育終了前の児童に至っては午後8時以降の労働は禁じられています。

これは未成年の児童が仕事をする上で定められている労働基準法の一部でありますが、このように児童が仕事をする上では様々な規定が定められているのです。「子役」や「子役タレント」の方々は、これらの法律に基づいた上で、過密なスケジュールを組み仕事に取り組んでいるのです。

これらを考えますと、過密なスケジュールの中で学業と仕事の両方をこなす「子役」・「子役タレント」の方々は、やはりプロ顔負けの本物の芸能人なのかもしれませんね。