少し落ち着きを見せてきたブーム

現在、テレビやラジオなど様々なメディアで活躍を見せているお笑いタレントの方々。数年前に巻き起こったお笑いブームは現在では少し落ち着きを見せてきたかと思われます。

テレビを付けると必ずと言ってもよいほどお笑いタレントの方々が番組に出演しており、お笑いブームが落ち着いたとは言っても、まだまだお笑いタレントの方々の勢いは留まる事を知らないというのが現状のようです。

視聴者の方にとっても、元気や勇気、笑いを与えてくれる「お笑いタレント」の方々は芸能界ではなくてはならない存在なのかもしれません。元々のお笑いタレントとは、コンビを組んで漫才をする方や数人でグループを組みコントを披露し笑いをとる方々の事を指していました。

しかし、ベテランの域に達したお笑いタレントの方や人気を集め売れっ子のお笑いタレントになるにつれ漫才やコントなどの披露は少なくなり、バラエティー番組やクイズ番組などの司会や、トーク番組、中にはワイドショーや情報番組のコメンテーターなどを務めテレビ活動が中心となるお笑いタレントの方も多く見受けられます。

それが悪いと否定しているのではなく、ベテランや売れっ子になるとこのような傾向になるお笑いタレントが多いという現状を伝えているだけでございますので悪しからず・・・。

勿論、そのようなお笑いタレントの方々だけではなく漫才やコントがお笑いの基本や原点と心得てベテランや売れっ子になった現在でも漫才やコントを中心に取り組んでいるお笑いタレントの方々もたくさん存在しております。ですが、現在のテレビ番組などでは漫才やコントを取り扱う番組がほとんどないに等しい為、漫才やコントを中心に取り行うお笑いタレントの方々の活躍の場は主に劇場が中心となってしまいます。

その為、テレビなどでの露出度は少なくなりがちではありますが、漫才やコントが見たいと願っているファンの方にとっては劇場で間近で見る事のできるお笑いタレントの方は貴重な存在なのかもしれません。

ベテランや売れっ子のお笑いタレントの方々も年末年始の特番などでは漫才やコントを披露する事がある為、年末年始の特番も貴重とされている傾向があります。芸能界の中に限っては全てのジャンルに当てはまる事なのですが、お笑いタレントの方もトップに立ち第一線で活躍しているという方はほんの一にぎりしかいません。

浮き沈みも激しく収入も安定していないため引退する方も少なくはない、それくらい厳しくシビアな世界でも多くの方々に元気や勇気、笑いを与えようと様々な取り組みを行っているお笑いタレントの方々に救われた方も多いはずです。

これからも、たくさんの方々を笑顔にしてくれるようお笑いタレントの方々の活躍に期待をしたいと思います。