せどりで売れないと悩んだら復習

せどりとは?と聞かれると転売屋の古い言葉を指すと思う人も多いですが実は取り扱う品物の質や部類が大きく異なるため、それぞれに意味を持ち、同じものではないといえます。

せどりは一般的にひらがなで明記しますが、辞書には競取り、背取りという漢字が当てられる場合があり、同業者の間に立って品物を取り次いで、その手数料を取ることで生計を立てる人のことを指します。

主な使用法としては、古本用語として活用されることが多いです。現在では古本以外にもCDやDVDなども含まれています。

せどりは同業者の店舗から高値で売れるものを見繕い、抜き買いをするために行為自体が業界内で嫌われていますが、古本の価値に拘らず、大量仕入れと大量販売を繰り返す大規模な古本書店では特別に嫌がられる傾向はありません。

転売屋は主に数量が限定されているような入手困難な商品を転売することで生計を立てる人のことを指します。

入手困難な商品の一例としては、人気ミュージシャンやアイドルの公演チケットやコンサート会場でのみ販売されているレアリティの高いグッズ、人気が予想されるようなゲーム機やゲームソフトもこれに匹敵します

転売屋が取り扱う品物の多くはほとんどが、一瞬の価値を秘めているものが多く、時期が外れると価値が急激に下がるものも存在します。

ミュージシャンなどの公演チケットは非常に入手困難でとても高価な値が付くと予想されますが、公演日を過ぎてしまうとチケットとしての価値が無いに等しくなってしまいます。

品物を取り扱う上で確実な期日を迫られるものが多いのが難点のひとつでもあります。にはそのようなレアリティの浮き沈みが比較的少ないと言えます。

大規模な古本書店からせどりを行うことができれば、利益率はとても高く、赤字になる可能性は極めて低いと言えます。堅実でいて即金性の高いビジネスのひとつです。

ターゲットとなる性別や年齢層が絞られないため、専門的な知識はほとんど必要としないで行動に移すことができます。